EGSおよびSGDsと企業活動

私達の役割、それは持続的発展のため、
価値を提供し続けること

ESG経営とは

私達の事業経営は、すべてにおいて、「持続可能な発展の実現」を念頭に行っています。 なぜなら、私達は今後の企業に求められることは、事業に関わるすべてのステークホルダー との共通価値の創造であり、それこそが、真の持続可能な成長に繋がると信じているからで す。

それらの実現のため、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance) の要素を経営の根幹とするESG経営を基本とし、更に領域別に具体的な目標に落とし込ん だSDGsをそれぞれの領域の意思決定に反映しています。

SDGsとTerra Motors

テラモーターズが考えるこれからの企業に求められる事、それは「経済合理性を伴う持続可 能な発展の仕組みによる社会課題の解決」です。

私達の事業領域及び事業展開国では特に上記を意識した事業活動が強く求められています。 テラモーターズは、事業成長を通じて、SDGsの17の開発目標のうち、10の目標達成に貢 献し、よりより社会の実現をすべてのステークホルダーとともに目指します。

社会課題

環境課題

現在、大気汚染を中心とした環境課題は全世界的に年々深刻化しており、早急な改善への取 り組みが必要となっています。

アジアでも、急激な都市化による交通渋滞による大気汚染、地球温暖化に伴う異常気象(洪 水、熱波)は大きな社会問題となっています。

全世界で大気汚染が
原因で亡くなる人

420

全世界でWHOの基準値を
超えた大気汚染の中で
暮らしている人

91%

同じ場所から撮影した大気汚染時の比較画像
撮影:インド2019年11月/PM数810

通常時

通常時

SDGs関連指標

Dummy Title

Dummy text goes here, Dummy text goes here, Dummy text goes here

Dummy Title

Dummy text goes here, Dummy text goes here, Dummy text goes here

Dummy Title

Dummy text goes here, Dummy text goes here, Dummy text goes here

Dummy Title

Dummy text goes here, Dummy text goes here, Dummy text goes here

Dummy Title

Dummy text goes here, Dummy text goes here, Dummy text goes here

Dummy Title

Dummy text goes here, Dummy text goes here, Dummy text goes here

貧困課題

先進国には物があふれる一方で、世界的にみてまだまだ改善の余地がある地域、人はこの世 の中にあふれています。また、貧困は、健康被害、教育の不平等、犯罪率等、様々な問題の 主因となっています。

私達は、事業を通じて、貧困撲滅に向けた根本的な解決策を発掘、実行する事により、すべ ての人が平等に機会に恵まれる世界の創出に向け、取り組んでいきます。

一日200円($1.9 per day)
以下で暮らす人

73,600

世界の貧困層のうち
インドの貧困層の割合

17,000

Dummy text goes here, Dummy text goes here, Dummy text goes here, Dummy text goes here, Dummy text goes here, Dummy text goes here.

Dummy text

Dummy text

SDGs関連指標

Dummy Title

Dummy text goes here, Dummy text goes here, Dummy text goes here

Dummy Title

Dummy text goes here, Dummy text goes here, Dummy text goes here

Dummy Title

Dummy text goes here, Dummy text goes here, Dummy text goes here

Dummy Title

Dummy text goes here, Dummy text goes here, Dummy text goes here

Terra Motorsが取り組む事業

E-Mobility×IOT事業

Terra Morters ではE-Mobilty×IOT事業を通して、
上記の社会課題を解決に取り組んでいます。

既存の車体の走行パターンやドライバーの特性、使われ方、などを、IOT技術を活用し効率 的に収集・分析、それらを商品開発に活かすことにより、電費がいい商品の開発、充電イン フラのデザイン等を通じたスマートシティへのE-miobility パッケージの提案等を行っていま す。

Menu
Top