新産業で勝つ、今後5年のアジアでの成長戦略【2021年〜5年後の未来】

2021年4月創業11年目を機に、新生テラモーターズCEOインタビュームービーを公開しました。本シリーズ3本目は、テラモーターズの2021年〜5年後の未来までをCEOの上田がお伝えいたします。
※本ムービーは、グローバル向けムービー(英語)を、日本語版に編集しております。

0:00 オープニング
0:10 コロナ禍も、シェアNo.1を維持したテラ。次の5年は
1:01 実現するための具体的な計画は?
2:03 テラモーターズ のビジョンとは?

コロナ禍も、シェアNo.1を維持したテラ。次の5年はどう考えていますか?

ただ顧客のニーズに耳を傾け、顧客が求める製品を現場に提供することを継続しました。

今もこれまでの5年間も、コロナ禍であっても、平常時と変わらず、ポリシーを変えずに貫いたことがシェアNo.1を維持できた理由だと考えています。

3輪セグメントにおける私たちのモビリティ構想は、具体的な使用シーンと紐づいて、3つあります。

1つ目は、都市部におけるラストワンマイル。2つ目は、田舎のインフラとしての役割。3つ目は、低所得層への所得向上があります。

テラモーターズの製品と顧客の間の信頼を築き、この3つのシーンにおいての、各ゴールを達成していきます。

実現するための具体的な計画は?

4つの段階で設計しています。

現在、すでに第1フェーズの後半に差し掛かってますが、まずは、サステナブルでエコフレンドリーなソリューションとしてEVを提供していきます。

第2フェーズでは、テラのEVを購入したい顧客へローンを提供していきます。

第3フェーズでは、IT技術を活用し、顧客の利便性を高めることを目指していきます。

EV3輪車体にIoTデバイスを埋め込み、交通情報やスピード、バッテリーの状況などの情報を収集することが可能になります。

これは、スマートシティの設計やR&Dにも活用していきます。

第4フェーズでは、インドでのモデルを他アジア諸国へ展開していきます。

テラモーターズがグローバル市場において、モビリティのメインストリームになっていく絵を描いています。

テラモーターズのビジョンとは?

モビリティ業界における新たな価値の創造です。

テクノロジーを使ってモビリティにさまざまな価値を生み出していきます。

テクノロジーを活かした一つのアイディアとして広告事業もあります。

3輪EVに電子広告を搭載し、配信広告が路上でも自動アップデートする仕組みの開発に取り組んでいます。

次の5年は、テラモーターズが新たなモビリティ産業の在り方を創造していきます。

▼関連ムービーはこちら

新産業への挑戦と5年で駆け上がった社長就任への道のり【入社前〜社長就任前】

インドEV3輪シェアNo.1となるテラモーターズ【2018年〜2020年末まで】

メニュー
Top