テラモーターズ、機械式駐車場平面化の企業と続々連携強化

マンション管理組合様が抱える課題解決と付加価値提供を両立

EVをもっと身近にすることを目指して、既設マンションにて導入無料のEV充電インフラ「Terra Charge」EVをもっと身近にすることを目指してEV充電インフラ「Terra Charge」(https://terramotors.co.jp/terra-charge/)を提供するTerra Motors株式会社(本社:東京都千代田区、取締役会長:徳重徹 / 代表取締役社長:上田晃裕、以下、テラモーターズ)は、マンション管理組合様が抱える機械式駐車場への課題に対して、機械式駐車場平面化事業を行う企業との連携強化をしていきます。


連携強化の背景
 テラモーターズは、日本のEV化を進めるために、特に分譲マンションでの合意形成課題を解決する、導入無料のEV充電インフラ「Terra Charge」事業を2022年4月にスタートしました。今後のEV普及を見据えて利便性向上を狙う全国の管理組合様や管理会社様より問い合わせが殺到しています。
 他方で、マンションは駐車場の利用者数減に伴う管理組合の減収が課題となっており、特に保守点検費用や高額な修繕費用が必要となる機械式駐車場において空きが増えることは、マンション管理組合様にとっても大きな負担となっています。その負担を解消するために、機械式駐車場の解体・平面化が注目されており、平面化工事の際にEV充電設備の導入も検討するケースが増えています。

 テラモーターズでは、機械式駐車場平面化工事を行なう企業とともにマンション管理組合様に対して提案を進めることで、マンション管理組合様が抱える課題解決の加速を目指します。機械式駐車場の平面化とEV充電インフラの導入を進め、長期的に大きなキャッシュフロー改善につながりうるソリューションを目指します。

連携の内容
 機械式駐車場の平面化を進める株式会社剛力建設や株式会社フォレストインフィニティとすでに連携を進めていますが、ここからさらに連携網を拡大すべく、他社さまへも協業の提案を進めてまいります。相互に顧客紹介をすることで、両社のサービス提供価値が向上します。顧客においては、駐車場に関わる提案を並行して受けることができ、利用者の利便性向上に寄与する施策を同時進行することが可能です。

今後の展開
 機械式駐車場の解体・平面化ニーズはマンションに限らず、宿泊施設や月極駐車場などにもあり、同様にEV充電設備の導入についても親和性があるため、マンション以外の施設についても連携を進めていきます。

Terra Chargeとは
テラモーターズが2022年4月より開始した電気自動車向けの充電サービスです。EVの充電設備だけでなく、充電時間の設定や料金決済を行う専用アプリ、管理クラウド、サービスの提供開始に必要なマンション管理組合等へのご説明、充電設備の設置工事、ハードおよびソフトの管理運営までを一貫して担います。「Terra Charge」によって、日本でEVがもっと身近になる環境づくりを目指しています。
Terra Charge サービスページ:https://terramotors.co.jp/terra-charge/

PRTIMESプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000075648.html

Terra Motors株式会社
設立:2010年4月
資本金:1億円
所在地:〒100-0011 東京都千代田区内幸町1丁目3番1号 幸ビルディング
URL:https://terramotors.co.jp/

事業概要:
テラモーターズは、「新産業を創造し、社会をより便利にする」ことをミッションに掲げ、持続可能な e-Mobility 産業におけるリーディングカンパニーを目指す、日本発のグローバルベンチャーです。電気自動車(EV)向け充電インフラ構築、及びEV2輪・3輪の開発から販売までの全行程を行います。日印を本拠点に、日本、南アジア、東南アジアにおけるモビリティ・プラットフォームを実現し、テラの強みである共創文化によって、EVがより身近な世界の実現に向けて貢献して参ります。

本件に関するお問い合わせ先

Terra Motors株式会社 
広報 PR 担当
国内 : 相川  yoshiko.aikawa@terramotors.co.jp
海外 : 川原  kawahara@terramotors.co.jp 
TEL:050-5444-5959

メニュー
Top