【News18】インドのEVメーカーがインドの道路を電化してグリーンモビリティを推進する方法

テラモーターズが、8月19日の「News18」 に掲載いただきました。一部要約をご紹介いたします。

インド EV

OKGoogle、私の近くのEV充電スタンド?Google、私の近くのEV充電スタンド?Googleによる0.69秒で約20,100,000件の検索結果。これはまさに、今後2、3年の間にインドの交通機関の状況がどうなるかを示しています。2030年までに電気自動車を100%普及させるというビジョンもありますが、業界の専門家の多くは、2030年までに40〜45%程度のEV化が現実的な見通しであると指摘しています。電気自動車への移行を大きく後押しするのは、インドの公共交通機関であるフリートカー、Eバス、3輪車、2輪車、そして忘れてはならないEバイクです。

3輪車 – インドの3輪車セグメントは、代替交通手段としての電動リクシャーの議論が行われていた2015年にかなり盛り上がりました。このセグメントに参入した大手企業の一つがTerra Motorsです。テラモーターズは、乗用車と貨物輸送用のさまざまな電動3輪車で、すでにインドのEV市場に足を踏み入れている。テラのバッテリーユニットを搭載し、フル充電で100kmの航続距離を実現しています。平均重量は380kgで、運転手を含めて5人が乗車できます。インドの狭い道路に適していることに加え、ハンドルはドライバーが操作しやすく、小回りが利きます。インドの他の3輪車メーカーと比較して、Terra Motorsはインドで積極的な勢いを得ているようです。Avendus Capital社のレポートによると、EV市場は急速にリチウムイオン電池に移行すると予想されており、2024-25年には、e-rickshaw市場の40%がリチウムイオン電池ベースになると予想されています。他のプレーヤーと同様に、テラもリチウムイオンの研究と急速な普及のために多額の投資を行っています。

▼全文はこちら
https://www.news18.com/news/auto/how-ev-makers-in-india-are-pushing-green-mobility-by-electrifying-the-indian-roads-4102340.html

メニュー
Top